高まるソーラーシェアリング



ソーラーシェアリングをはじめる


農業の再生には太陽光発電が役立ちます。農業を続けながら、同じ土地を利用して太陽光発電システムを組み立てます。そして、作物に必要な日照を確保しながら、発電をします。
この取り組みを「ソーラーシェアリング」と言います。 “e-farm”は、農作物の成長と収穫を安定させ、太陽光の下でたくさんの農作物を収穫していく方法をお伝えしてまいります。一方では、太陽光発電して電力会社に電力を売買し収入の安定をはかります。


これからの営農のカタチ





ソーラーシェアリングの仕組み


農地で行う太陽光発電。農地は日照の良さが他にない「恵み」です。
これは、太陽光発電に適しており農地を収穫物件として変える大きな可能性に注目が集まっています。
耕作を続けながら、農地に支柱を立てて、上部空間に太陽光発電設備(太陽光パネル)を設置し、果実栽培などの農業と発電事業を同時に行います。農林水産省では、この「営農型発電設備」と呼んでいます。これが農業のための「ソーラーシェアリング」です。

休耕地を利用してソーラーシェアリングによる農業の再生が進んでいきます。収入の安定化、若い世代への農業の継承を進めるためにも、大切な耕作地を活性化させていくことが未来の農業に繋がります。


株式会社e-farmの農業コンサルティングでは、ソーラーシェアリング(営農型発電設備)を活用した確かな農業の収益モデルを実現していく「SUN FLOWER PLUS+」を推進しています。
e-farmは、ソーラーシェアリングによって、これからの農業・農作指導・農作物加工・農作物の販売・各種申請代行・助成金取得補助を含め、いままでの農業を「事業」として継続成長させていくために、一貫した農業経営支援を行います。

ソーラーシェアリング「Q&A」


Q1
太陽光パネルの下で農作物が育つの?
A1
育ちます。直接太陽光を受けるよりも 収穫量が上がることもあります。

Q2
ソーラーシェアリングのメリットとは何ですか?
A2
農地で太陽光発電ができます。固定資産税が農地基準で軽減されます。
植物が熱を吸収するため、発電効果もあがり、農作物の収穫とのダブル収益が可能になります。

まずは “e-farm”にご相談ください。
農業コンサルティングを通して
さまざまなお手続きを代行して事業が成り立つための
お手伝いをいたします。



農地一時転用申請代行


農地の上で太陽光発電事業をするためには、県の許可が必要です。許可を取るためにはさまざまな条件があり、その条件をクリアすることは容易なことではありません。私たちはそのノウハウをもって皆さまをご支援しています。

申請前の準備段階から許可を取るまでに、およそ6ヶ月ほどかかります。太陽光パネルの配置や量により、下部での農作物も選定する必要があります。発電者様の意向により、収益性の高いもの・あまり手間のかからないものなど、柔軟に下部で収穫できる作物の選定にも対応いたします。
また、農業をしないのであれば営業代行を承ったり、探したり全力でサポートします。






申請に必要申請に必要な多くの書類も
代行して一括でお任せください




トピックス



チャレンジパックのご紹介(営農指導)


農業を営むお客様の他にも、法人で農地での営農する機会を作りたいというご要望を承っています。社員研修や人材育成のために農業を体験・習得する、また農業分野での収益を確保する目的で取り組む法人様が増えています。

営農も頑張り次第で収益が見込めます。
“e-farm”では、農業をしたことのない方も安心して農業収益に貢献できる経営指導を行っています。


お問い合わせ