農業を科学する



“e-farm”ができること


株式会社e-farmは、農業を事業として成功させることを目指して、次世代に繋ぐ農業を支援する仕組みをご提供しています。
農業は重労働ながら収入が安定しない、高齢化、非耕作地の増加などいくつもの課題があります。株式会社e-farmは、「農業コンサルティング」をテーマに農業の新しいイメージ作りに挑戦しています。

これまで家業としてきた農業を成長させる事業として、
■ 農業を「経営」目線で捉えること
■ 科学を取り入れたデータの収集と分析
■ 安定した収穫と販売戦略
■ 太陽光発電を組み合わせた収入の安定化
に取り組んでいます。



ソーラーシェアリングについて





“e-farm”と母体となる“e-flat”グループでは、創業以来の不動産・建設事業のノウハウを活かして、設計スケールの大きな着眼点からの「太陽光発電事業」に対して、お客様をはじめ各方面から高い評価をいただいてまいりました。単なる太陽光発電の設置にとどまらず、長期間にわたり資産として運用できる体制によって、信頼と安心に支えられる「太陽光発電事業」を確立させ農業の改革を進めています。

>>>ソーラーシェアリングの詳細へ

各地のソーラーシェアリングと農地活用




愛媛県松山市最大級となるソーラーシェアリング施設2019年4月開設



松山市にあるソーラーシェアリングで栽培する「きしみ」



熊本にあるるソーラーシェアリングでは「サカキ」を栽培しています



羽柴山・新治にあるソーラーシェアリングでは「社員マスカットなどのブドウ」を栽培しています
そのほか、野菜の育成にも力を入れています


お問い合わせ